荒れがちな中日新聞杯!ハンデ戦を制するのは3歳馬か!?

中央競馬予想

大川の重賞見解

勝負予想は無料でこちらから

大川慶次郎

みなさん、こんにちは!

福永祐一騎手が調教師試験に合格し、来年2月末での現役引退が発表されましたね!

すごくびっくりですし寂しい気もしますが、福永厩舎かぁ・・・と思うと応援したいしワクワクします♪

狭き門を1発合格、まさにブラボーですね!

さて、今回は2022年12月10日(土)に行われる中日新聞杯(G3)の予想をしたいと思います!

中京競馬場で行われる中日新聞杯は、3歳以上オープンの芝2000mのハンデ戦競走です。

中京競馬場の芝2000mは、左回りでスタンド前の少し左からスタートし、しばらくは緩やかな上り坂が続きます。

3~4コーナーで緩やかな下りのスパイラルカーブ、そして最後の直線途中で高低差2mの急坂が待ち受けています。

そしてゴール手前の240mは、ほぼ平坦というコース形態です。

脚質は逃げ・先行がやや有利です。

枠は内枠がやや有利で、単勝回収率は5枠のみ100%を超えています。

次に種牡馬ですが、今回の中日新聞杯出走馬で中京芝2000mを得意としているのが、ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒、ロードカナロア産駒となっています。

それぞれの出走馬はコチラ。

ディープインパクト産駒

・アルジャンナ(せん5)

・カントル(牡6)

・ギベオン(牝7)

・キラーアビリティ(牡3)

・ソフトフルート(牝5)

・プログノーシス(牡4)

キングカメハメハ産駒

・ハヤヤッコ(牡6)

調教師で好成績を残しているのが藤原英昭師で、出走馬はアスクワイルドモア(牡3)、カントル(牡6)、ギベオン(牡7)と3頭出しでございます!

そして中京芝2000mを好走しているジョッキーは

・M.デムーロ騎手

・岩田望来騎手

の2名。

過去10年の中日新聞杯のデータで気になるポイントもご紹介しておきます。

・牡馬の勝率は90%

・4、5歳馬の勝率は30%

では最後に、過去の成績を含めて予想してみました。

3連複で勝負したいと思います!!

◎アスクワイルドモア

〇プログノーシス

▲キラーアビリティ

△カントル

△ハヤヤッコ

☆トゥーフェイス

軸はアスクワイルドモア。

5月に行われた京都新聞杯(中京芝2200m)ではレコード勝ち。

重賞経験も豊富ですし、斤量55.0kgもおいしいと思います!

対抗にはプログノーシス。

新馬戦からここまで【4-1-1-0】と確実な力を見せています。

今回、叩き2戦目で重賞初制覇なるでしょうか。

単穴にはキラーアビリティ。

昨年勝ったホープフルS以来思うような成績を残せていませんが、折り合いメインの追い切りをして、状態は上向いているそうです。

今レース唯一のG1馬、負けなしの2000mで好走を期待しています!

連下にはカントルハヤヤッコ

カントルは今週から短期免許で来日のD.イーガン騎手とのコンビ。斤量54.0kgですし楽しみです。

ハヤヤッコはトップハンデの57.5kgですが、左回りの芝2000mで勝ち負けになる予感。

穴にはトゥーフェイス。

常に安定した走りを見せてくれるのは大きな魅力。

重賞初挑戦、初の中京で人気しないと思いますが、仕上がりも良さそうなので侮れません!

今週はG1にG3×2に香港に・・・気持ちが高ぶる1週間ですね♪

『ブラボー!』と今週も聞きたいし言いたいです(笑)!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

100万馬券予想はコチラで入手

今すぐ必勝予想を受け取る
↓無料情報はコチラ↓

manbaken-horse_350x160

コメント

タイトルとURLをコピーしました